REISM[リズム]

Now Loading...
 
COLUMN

不動産投資コラム

選ばれる賃貸住宅にするため、くみ取るべき時代のニーズ

選ばれる賃貸住宅にするため、くみ取るべき時代のニーズ

低金利や相続税対策のため、新築の賃貸物件が増えています。その一方で、日本社会の人口減少と高齢化が例のないスピード進行しています。出生率の低下から、若者世代の減少は深刻です。 こ...

インスペクターは「ここを見る」 誰でもわかるインスペクションのポイント

インスペクターは「ここを見る」 誰でもわかるインスペクションのポイント

投改正宅建業法が2018年4月から施行され、建物の健康診断にあたる「インスペクション(建物状況調査)」について、宅建業者は買主に説明することが義務付けられました。 改正法施行ま...

目的によって異なるインスペクションの種類と注意点

目的によって異なるインスペクションの種類と注意点

「住宅検査」や「建物診断」と呼ばれるインスペクション。宅建業法改正により、中古住宅の売買を行う際、物件のインスペクション結果などを買主に説明する義務が2018年4月から宅建業者...

今の住宅トレンドは?「リビング」を中心とした住まいへ

今の住宅トレンドは?「リビング」を中心とした住まいへ

みなさんは今、どのようなライフスタイルを好み、リビングや個室に何を求めるのでしょうか。住まいを供給する側としては、とても気になるところです。リクルートが2016年12月に発表し...

今流行りのリノベーションが事業用オフィスでも人気なワケ

今流行りのリノベーションが事業用オフィスでも人気なワケ

リノベーションは、個人用の住居だけで行うものではありません。企業のオフィスでも、さまざまな効果を期待し、リノベーションを行うケースが増えています。 企業はどのようなメリットを求...

リノベを自分でやるより任せたほうがいい理由

リノベを自分でやるより任せたほうがいい理由

中古マンションのリノベーションが注目されています。なぜなら、ライフスタイルの変化に合わせて、リフォームでは実現できない新たなコンセプトを生み出すことができ、古いマンションでも新...

リノベーション物件の民泊利用の可能性

リノベーション物件の民泊利用の可能性

不動産投資の運用方法の一つとして、「民泊」への関心が高まっています。 訪日外国人が年々増え続け、首都圏や全国の観光地のホテル・旅館の稼働率が上昇しているうえに、2020年には東...

リノベーションすると入居率・稼働率がアップするって本当?

リノベーションすると入居率・稼働率がアップするって本当?

空室はマンションオーナーにとって最大のリスクです。空室対策のためにできることはいくつかありますが、その一つ「入居者が住みたくなる部屋をつくる」ことは、最重要ポイントと言えます。...

リノベーションすると家賃が高く設定できるって本当?

リノベーションすると家賃が高く設定できるって本当?

リノベーションとは、「古くなった建物や部屋に大規模な工事を行い、物件価値を高めること」などと言われます。そうすることで家賃を高く設定できて利益率が高まるという理屈ですが、実際の...

リノベーション物件購入時に押さえておきたい「耐震性」の問題

リノベーション物件購入時に押さえておきたい「耐震性」の問題

中古マンションに賃貸で住む場合も、また投資対象として購入する場合も、気になる要素の一つが「耐震性」でしょう。近年、日本では大きな地震が相次いでおり、建物の耐震性への意識が高まっ...