REISM[リズム]

Now Loading...
 
COLUMN

不動産投資コラム

都心の不動産と地方の不動産、それぞれのメリットを探る

都心の不動産と地方の不動産、それぞれのメリットを探る

2012年末に誕生した安倍政権の金融・経済政策や、2013年夏に決定した2020年東京オリンピック開催など日本の経済発展が期待されています。さらに、日銀のゼロ金利政策などに伴う...

2018年 経済動向で読み解く東京の不動産市場

2018年 経済動向で読み解く東京の不動産市場

安倍政権が推進する経済・金融政策「アベノミクス」の効果から、国内の失業率は低下、新卒採用などが増加するなど、国内経済は全般的に好調を維持しています。これに伴い、不動産市場も活況...

訪日外国人の増加が、東京の不動産市況を活性化させる?!

訪日外国人の増加が、東京の不動産市況を活性化させる?!

日本政府観光局は、2017年の訪日外国人客数が2,869万900人だったことを発表しました。統計が開始された1964年以来、最多の人数となり、対前年比で約465万人の増加となり...

オリンピックと不動産の”Win-Win”な関係

オリンピックと不動産の”Win-Win”な関係

2013年9月7日、アルゼンチンで開催された国際オリンピック総会で、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の開催地が東京に決まりました。1964年の東京オリンピック以...

世界を見渡しても、東京ほど魅力のある不動産市場はないかも。東京不動産のポテンシャル

世界を見渡しても、東京ほど魅力のある不動産市場はないかも。東京不動産のポテンシャル

まことしやかにささやかれる「2020年問題」。オリンピック終了後に東京の不動産価格が暴落することへの危惧を表わした言葉です。はたして前評判を乗り越えて、堅調さを維持できるのでし...

新たな住宅セーフティネット制度で何が変わる?

新たな住宅セーフティネット制度で何が変わる?

改正住宅セーフティネット法が2017年4月19日、参議院本会議で可決、成立しました。高齢者などへの安定的な住宅提供を目的に10年前に創設された住宅セーフティネット制度とは、具体...

インスペクションで変わる?中古住宅市場の行方

インスペクションで変わる?中古住宅市場の行方

日本全国の宅建業者は2018年4月からインスペクションの説明を行うことが、法律で義務づけられます。 このインスペクションの説明義務化は、中古住宅市場の活性化が狙いといわれていま...

低価格物件を流通させるにはどうしたらいいのか

低価格物件を流通させるにはどうしたらいいのか

日本人は以前から新築の住宅を好む傾向にあり、これまで中古住宅に対しては「不安」「欠陥があるかもしれない」などのマイナスイメージを抱いている人が少なくありませんでした。しかし、全...

2017年度予算から読む国の空き家対策

2017年度予算から読む国の空き家対策

2017年度予算が成立し、国土交通省は今年度、深刻化する空き家問題の対策事業に本腰を入れることになります。なかでも、「空き家・空き地などへの流通の活性化の促進」(全国版空き家・...

東京五輪後の不動産投資は工夫の有無が明暗を分ける

東京五輪後の不動産投資は工夫の有無が明暗を分ける

リオオリンピックも終わり、いよいよ2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。関連施設や交通網をはじめ、五輪開催時に完成をめざしたインフラ整備など、大型プロ...