REISM[リズム]

Now Loading...
 

「見えない未来」を
身近な未来に。

将来のことや、自分の大切な家族のことを考えることも、人生のゆとりです。 大切な資産をきちんと運用するためには、 ひとりひとりに合った資産形成の方法を教えてくれるパートナーが必要です。 持ってからが永い不動産経営。 わたしたちREISMが生涯を通じて、あなたを支えていきます。

当社について

MAIL MAGAZINE

REISM通信

REISMのメールニュース【REISM通信】では、 お薦め物件情報をはじめ不動産・投資情報、REISMの最新情報・イベント情報、 メールマガジンだけの限定情報等、お得な情報をご登録の皆様にいち早くお届けします。
※登録料など費用は一切かかりません。

COLUMN

不動産投資コラム

選ばれる賃貸住宅にするため、くみ取るべき時代のニーズ

選ばれる賃貸住宅にするため、くみ取るべき時代のニーズ

低金利や相続税対策のため、新築の賃貸物件が増えています。その一方で、日本社会の人口減少と高齢化が例のないスピード進行しています。出生率の低下から、若者世代の減少は深刻です。 このような状況のなかでは、

インスペクターは「ここを見る」 誰でもわかるインスペクションのポイント

インスペクターは「ここを見る」 誰でもわかるインスペクションのポイント

投改正宅建業法が2018年4月から施行され、建物の健康診断にあたる「インスペクション(建物状況調査)」について、宅建業者は買主に説明することが義務付けられました。 改正法施行まで半年となった今、改めて

「自分は投資で失敗しない」という勘違い

「自分は投資で失敗しない」という勘違い

投資家心理がリアルタイムで反映される株式投資。時に「心理戦」などと表現されることもあります。投資信託などの長期投資が前提とされている金融商品でも、ジリジリと心理戦で戦うような局面があります。ただし、ど

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」はどう使うべき?

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」はどう使うべき?

最近、「iDeCo(イデコ)」という言葉をよく聞くようになりました。銀行や証券会社が広告を出しているので、「お金に関するもの」ということは分かるけれども、何のことかよく分からない……という人も多いでし

入居率を高めるためにオーナーが最低限やるべき2つのこと

入居率を高めるためにオーナーが最低限やるべき2つのこと

賃貸住宅の経営者にとって、最も気になるのは「入居率」でしょう。急に入居者が退去したり、原状回復の作業期間中や、次の入居者が決まるまで募集期間が続いたりすると、その間は収入がゼロになります。空室期間が長

不動産投資コラムの一覧をみる