投資の基本

副業で不動産投資をする人ための情報収集方法とは

不動産投資を始めて賃貸経営が安定すれば毎月の家賃が手堅く入ってきます。同じ副業でも毎日ように相場のチェックをしなければならない株式やFXなどに比べると日々の作業負担は少ない傾向ですが、物件購入前そして購入後の情報収集に時間をかけることがとても重要になります。

不動産投資では購入する物件選びがすべてといっても過言ではないため、購入前の情報収集は徹底して行いましょう。また物件を購入して賃貸経営がスタートしてからも、継続して情報収集と知識の習得は必要になってきます。ここでは効率的な情報収集方法を紹介します。

副業で不動産投資をする人ための情報収集方法とは

不動産投資家が習得すべき基礎知識と学習方法

不動産投資はアパートやマンションなどの物件を購入し、それを第三者へ貸し出して得られる家賃収入や売却時の売却益を得ることを目的とした投資活動です。投資である以上、資産の「利回り」についての知識は必要です。また不動産所得があれば確定申告が必要になるため、所得税や住民税の仕組みなども理解しておかなければならないでしょう。

このように不動産投資には様々な知識が必要となりますが、これから始めようとする人が最初に習得しておきたい内容は次のようなものが考えられます。

  • 不動産投資とはどのような仕組みになっているのか
  • 投資対象にはどのようなものがあるのか
  • 税金や資金繰りなど賃貸経営に関する「お金」周りのこと

不動産投資に関する基礎知識は本やインターネットで比較的簡単に得られる時代となりました。しかし時間に余裕があれば、不動産会社が主催する無料セミナーなどに出席するのもよいでしょう。インターネットなどで得られる基礎知識以外にも「入居者のトレンド」「エリアの人口動態」など専門的な知識が習得できるでしょう。

またそのようなセミナーでは実際に不動産投資をしているオーナーの生の声が聞けたり、専門家からアドバイスがもらえたりしますので、自分のイメージする投資プランがより具体的に見えてくるかもしれません。

不動産投資家が習得すべき基礎知識と学習方法

物件購入前の情報収集が重要

株式や投資信託といった金融商品の場合、購入した金融商品のパフォーマンスが落ちたときには多少の「損」に目をつぶれば、すぐに売却して資金化することができます。しかし不動産投資はそういうわけにはいきません。株式や投資信託ほど流動性が高くないため物件購入後の軌道修正がそれほど簡単ではないといえるでしょう。

例えば空室が続いてしまえば、オーナーには「売却」を急ぐ気持ちが湧いてくるかもしれません。しかし空室が続くと「収益性が低い物件」と判断されてなかなか買い手が見つからないケースも少なくありません。そのためにも購入する前にきちんと情報を収集し、出口戦略も考えたうえで投資に臨むことが大切です。

実際に足を使って物件やその周辺環境を投資家目線でチェックしたり、周辺の賃貸市場の動向を知るために近くの不動産会社から話を聞いてみるのもよいでしょう。ここで良い関係が築ければ実際に物件を持ったときに地元の不動産会社が積極的に営業してくれる可能性もあるでしょう。

良い管理会社を選ぶことが重要

不動産投資に必要な情報収集は物件購入後も継続的に行う必要があります。なぜならオーナーの仕事は、入居者募集、入居者退去の手続き、入居者トラブルの対応、将来のリフォーム・リノベーションの計画、毎年の確定申告など、多岐にわたりケースバイケースで適切な判断が求められるからです。

なお、これらの仕事の中で物件管理に関してはすべて管理会社に委託することが可能です。本業が忙しく時間が取れないサラリーマン大家さんなどは、信頼のおける不動産会社を選んで管理を委託するとよいでしょう。管理会社を選ぶ際には、賃貸経営の分野に実績があり細やかなサービスを提供してくれるような会社を選んでおくと安心です。

ただし、オーナーが管理会社に完全に任せきりでは投資家としては成長できません。日頃から情報収集を心がけ、プロの専門家にアドバイスを受けながら賃貸経営スキルをさらに磨いていきましょう。

キーワード: 投資の基本
あわせて読みたいおすすめコラム
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは