「見えない未来」を
身近な未来に。

将来のことや、自分の大切な家族のことを考えることも、人生のゆとりです。 大切な資産をきちんと運用するためには、 ひとりひとりに合った資産形成の方法を教えてくれるパートナーが必要です。 持ってからが永い不動産経営。 わたしたちREISMが生涯を通じて、あなたを支えていきます。

当社について

MAIL MAGAZINE

REISM通信

REISMのメールニュース【REISM通信】では、 お薦め物件情報をはじめ不動産・投資情報、REISMの最新情報・イベント情報、 メールマガジンだけの限定情報等、お得な情報をご登録の皆様にいち早くお届けします。
※登録料など費用は一切かかりません。

COLUMN

不動産投資コラム

積立投資を成功に導く目標設定とリスク許容度

積立投資を成功に導く目標設定とリスク許容度

今では資産運用に対する注目も高まり、実際に運用を始める人が増えています。元々日本は、アメリカやイギリス、フランスなどの先進諸国と比較すると、資産運用に消極的な国でした。相対的に見たとき、現在もそうした

不動産投資家が目指したい事業的規模(5棟10室基準)とは?

不動産投資家が目指したい事業的規模(5棟10室基準)とは?

個人が行う不動産投資で得られる収益は、当然ですが所得税の課税対象となります。サラリーマンの場合、毎月の給与や年2回の賞与などの所得から源泉徴収と年末調整を会社が行っているので、確定申告や納税の手続きを

大家さんが知っておきたい理想の仲介業者や管理会社の選び方

大家さんが知っておきたい理想の仲介業者や管理会社の選び方

不動産投資と金融商品への投資の最大の違いは、不動産投資では、投資家自らが賃貸経営を行う点でしょう。例えば、株式や投資信託などでは、投資家は売買のタイミングや売買金額・量を検討、判断します。投資先企業の

中古住宅の流通を活性させるのか?!ホーム・インスペクション

中古住宅の流通を活性させるのか?!ホーム・インスペクション

日本では空き家が大きな社会問題になってきました。その背景には中古住宅の流通不足があるといわれています。欧米と異なり、日本が木造文化であったことや、戦後の住宅不足と人口拡大の中で、新築住宅の供給が必要な

今後重要性を増すのか?!不動産にとってのVRとAR

今後重要性を増すのか?!不動産にとってのVRとAR

VRやARといった言葉に対して、IT業界以外のさまざまな業界から注目が集まっています。これらの技術はエンターテイメントの分野で高い注目を集めていますが、不動産業界にとっても大きな影響を与える可能性があ

不動産投資コラムの一覧をみる