投資の基本

生命保険と不動産投資、始めるべきはどちらか?

学校を卒業し、社会人としてある程度のキャリアを積み、結婚して家庭を持ち、子どもが生まれるころになると生命保険について考えるようになるかもしれません。もちろん、誰だって「ずっと元気に生き続けていたい」と思っているでしょう。しかし、不慮の事故や病気などのリスクはゼロにできません。そのため、万が一のとき家族が困窮しないよう生命保険への加入を考えるということは、ごく自然なことでしょう。

ただ、資産形成しながら金銭的に豊かな人生を歩んでいくためには、もう少し選択肢を広げて考えてみてはいかがでしょうか。その選択肢のひとつが不動産投資です。不動産投資で得られる家賃収入は、将来年金の代わりになりますし、不動産投資をしながら、生命保険に入ることもできます。今回は、生命保険と不動産投資を始める場合はどちらが良いのかについて具体的に見ていきましょう。

生命保険が果たす役割

まず、生命保険についておさらいをしましょう。生命保険は、大きく4つに分けられます。1つ目は、被保険者が亡くなった際などに保険金が受け取れる「死亡保険」、2つ目は被保険者がガンなどの特定の病気やけがを負った際に保険金が支払われる「医療保険」です。3つ目は、被保険者が要介護状態になったときに受け取れる「介護保険」。

そして、4つ目はこれまでに挙げたものと異なり、保険期間中、何ごともなく満期まで生存した場合に、利子がついて保険金を受け取れる「死亡保障付きの生存保険」です。死亡保険や医療保険、介護保険は掛け捨て型となり、最後のものは貯蓄型ということになります。月々の保険料は掛け捨て型よりも貯蓄型のほうが高い傾向です。

すべての保険に入ることができれば安心ですが、そこまでする必要はないでしょう。自分の状況を確認したうえで、どの保険を利用するべきかを冷静に考えることが大切です。

金融商品としての保険は

医療費や介護費用を補填してくれるタイプの保険があります。しかし、日本は国民皆保険という制度が整備されている国です。高額療養費制度という制度があるので、どんなに医療費がかかっても保険診療の範囲内であれば、医療費は一定の範囲に収まります。つまり、よほど極端な場合でなければ、高額の費用負担は発生しないということです。
また、貯蓄型保険に関しては長期加入すれば、損することはありません。しかし、仮に10年以内のような短期間で保険を解約すると、解約返戻金は元本よりも少なくなる場合があります。また、満期で保険金を受け取る場合も返戻率が110~130%というものが多く、資産運用としてのパフォーマンスは、あまり高くないのです。

不動産投資と生命保険がついてくる

なぜ、不動産投資が生命保険の代わりになるのかといえば、金融機関でローンを組んでマンションなどを買うと、団体信用生命保険(団信)という保険に加入することになるからです。団体信用生命保険は、ローンの借り主が死亡したり、失明や手足の欠損などで就業が困難な高度障害状態に陥ったりした場合、物件の所有権はそのままでローンの返済義務がなくなるというものです。

例えば、表面利回り4%で3,000万円の物件を購入し、満室で年間120万円の家賃収入が得られる場合、ローンの返済期間中は家賃を返済に使うので不動産の収益はトントンか、少しマイナスでしょう。しかし、万が一死亡して団体信用生命保険が適用になれば、ローンは完済となり年間120万円の収入をそのまま得ることができるのです。もちろん、物件は自由に売却できます。死亡や高度障害状態に陥らないのが一番いいわけですが、まさに万が一に備えることができるのです。

■不動産投資と生命保険はセットで

平成28年度の生命保険文化センターによる生活保障に関する調査によれば、月々の保険料支払額の平均は男性が約1万9,000円、女性が約1万4,500円です。不動産投資に関係なく、これだけの費用を毎月負担しているのです。実は不動産投資家の方の多くが、団体信用生命保険とは別に生命保険を利用しています。物件を保有すると、大規模修繕費などの積み立てが必要になりますが、これを死亡保障付きの生存保険で行う方が少なくないのです。

保険に入れば毎月半ば強制的に積み立てをさせられることになります。銀行の定期預金よりも利回りが高いので、むしろ得なのです。しかも、何かあれば死亡保険がおります。賢い方は、まず不動産投資を始めて、資産形成を行いながら修繕費など費用を用意するために生命保険を利用しているのです。

キーワード: 投資の基本 保険資産価値
あわせて読みたいおすすめコラム
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは