資産運用

ソーシャルレンディングとは。リスクとの賢い付き合い方

最近、「ソーシャルレンディング」という言葉をよく耳にします。小口投資、短期運用も可能なソーシャルレンディングとは、一体どのような投資なのでしょうか。今回はソーシャルレンディングについて考えてみましょう。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、簡単にいえば、「お金を借りたい人や企業」と「お金を貸したい人や企業」をインターネット上で結びつける融資仲介サービスのことです。

「クラウドファンディング」と何が違うのか、と思われる方がいるかもしれません。結論からいうと、ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングのいくつかある形態のうちの一つです。

ご存じの通り、クラウドファンディングは、事業などの活動資金を集めたい人や企業が、金融機関から融資を受けるのではなく、ネットなどを利用して、不特定多数の人たちから資金を募る仕組みやサービスのことです。

クラウドファンディングは現在以下の3種類に大別されています。

投資型:出資側がリターンとしてお金を受け取る
購入型:お金ではなく商品やサービスを受け取る
寄付型:金銭的リターンを伴わない

ソーシャルレンディングは、このうちの「投資型」に該当します。

ソーシャルレンディングの最近の動向

数年前に登場したものと思われがちのソーシャルレンディングですが、その原型といわれるサービスが海外で始まったのは10年以上前の2005年といわれています。

そして、日本で最初にソーシャルレンディングが登場したのは2008年といわれています。「SBIソーシャルレンディング」のような金融機関も参入して、現在、日本には15を超えるソーシャルレンディングサービスがあります。

当初は、貸し手と借り手の間に入るソーシャルレンディング運営会社が、借り手を格付けし、貸し手が金利や融資額を決める「マーケット型」のサービスが主流でした。しかし、現在は、ソーシャルレンディング運営会社が借り手を審査の上、金利や金額、期間などを決定し、ファンドを組成して、そこに貸し手から資金を集める「ファンド型」が主流になってきています。

ファンドにもよりますが、利回りは3〜8%のものが多く、銀行預金よりも高い利回りが期待できるため、ソーシャルレンディングの市場は急速に拡大しています。

リスクを理解した上で上手に利用しよう

高利回りが期待できるソーシャルレンディングですが、投資する場合には、気をつけなければならない点もあります。

まずは、貸し倒れリスクです。基本的にファンド型は、複数の借り手を束ねてファンド化して運用しているので、投資対象の一部の会社が倒産などしても、貸し倒れリスクはさほど大きくはありません。

しかし、ソーシャルレンディング運営会社自体が倒産した場合は、出資したお金が返ってこない恐れがあります。

成長過程にある市場では、倒産などのリスクはあまり大きくないと考えられますが、投資である以上、リスクがあることは十分に理解しておく必要があります。

大手資本が入っている会社、すでに実績を上げている会社など、信頼のおけるソーシャルレンディング運営会社もありますが、まだまだ未知数の会社もあります。利回りだけで判断するのではなく、運営会社をよく見極めたうえで、ソーシャルレンディングを利用するようにしましょう。

キーワード: 資産運用
あわせて読みたいおすすめコラム
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは