COLUMN

不動産投資コラム

今後重要性を増すのか?!不動産にとってのVRとAR

VRやARといった言葉に対して、IT業界以外のさまざまな業界から注目が集まっています。これらの技術はエンターテイメントの分野で高い注目を集めていますが、不動産業界にとっても大きな影響を与える可能性があるため高い注目を集めているのです。VRやARの利用は、エンタメ分野ほど進んでいませんが、今後、不動産投資を行ううえで、どのようなものかを知っておくことは大切でしょう。

VRやARはどういうものなのか

VRとは英語のvirtual reality(仮想現実)の略語です。現実には存在しないものでユーザーの五感を刺激することで、あたかも実在の物であるような体験をさせる技術です。最近はヘッドギア型のディスプレイの開発が、特に盛んで、視覚(場合によってはプラス聴覚)に訴求して、あたかも現実の映像を見ているかのような体験をすることが可能になりました。

一方のARは、英語のaugmented reality(拡張現実)の略語で、目の前の現実にコンピューターを使って、バーチャルな情報を追加・拡張する技術です。具体的にいうと、目の前にある何もない空間をスマートフォンのカメラとディスプレイを通して見ると、その空間に、物や人間などが配置されたり、存在したりしているように見えるのは有名でしょう。メガネタイプのディスプレイを装着して、現実を見ながら、そこにバーチャルな情報を重ねて認識できるようにする技術です。

スマホゲームの「ポケモンGO」が大ヒットした背景には、AR技術の存在がありました。このようにエンターテイメントの分野で、特に開発が顕著ですが、応用範囲はそれだけではありません。VRでは、自分が実際に行かなくても、あたかも実際に現場にいるような体験ができます。また、ARでは、その場に存在しないものを、あたかも存在するかのように認識できるわけで、時間と費用をかけて現場に赴いたり、物を準備したりしなくても、状況が再現できるのです。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら

不動産でのVRやARの利用

それでは、こうしたVRやARの技術が不動産の分野で、「どのように使われる可能性があるのか」を見ていきましょう。例えば、自分が購入する物件や賃借する物件を決める際に、多くの人は内見をします。不動産サイトを閲覧して、物件の間取り図や写真を見ることは可能です。しかし、それだけでは情報不足で「買うかどうか」「住むかどうか」の決断を下せないのです。

また、物件そのものの内見以外に最寄りの駅から物件までの道のりや、街の雰囲気なども確認したい重要事項のはずです。実際に駅から現地までを歩いてみて、「危なそうなところがないか」「スーパーマーケットやクリーニング店があるか」などを確認したいでしょう。

しかし、遠方に引っ越すような場合、簡単に内見は行えません。仕事で忙しいときなど、内見時間を確保するのも大変でしょう。そうしたときの活用を期待されているのがVR技術です。駅から物件までの道のり、物件の室内をVRで体験できれば、写真や動画で見るよりもはるかに臨場感をもって状況をつかむことができます。

また、AR技術は実際に内見したときに、その威力を発揮します。内見の際、大半が空き部屋であり、「家具を設置したらどうなるのか」など具体的な生活イメージが湧きません。そのため、入居後に後悔することも、しばしばあります。しかし、AR技術を活用すれば、部屋に家具を置いた場合のシミュレーションが簡単に行えるのです。

VRデータのない物件は、相手にされなくなるかも

そう遠くない将来、人気の高い物件以外は、VRやARデータを用意しておかないと、賃貸市場で入居者を見つけられなくなるかもしれません。すでに、間取りのみならず、建物や部屋内部の詳細な写真や説明を掲載している物件ほど、賃貸情報サイトなどで閲覧される傾向があります。そのため、VRやARを積極的に活用して情報提供するようにならないと、将来、誰の目にも止まらなくなるかもしれません。空室リスクが不動産投資における最大のリスクです。賃貸物件のオーナーは、入居者募集のために必要な最先端の技術や、その利用の状況について最低限の情報は押さえておくようにしましょう。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら