不動産投資(管理)

不動産会社の違いで「選ばれる賃貸物件」になるか変わるって本当?

不動産会社は、管理物件の入居者募集や家賃回収、修繕手配をするだけでどこも同じと思っていないでしょうか。ところが賃貸物件の入居者を途絶えさせず、安定して家賃を得るには不動産会社の関わり方がとても重要になってきます。

堅調な都心の賃貸需要ですがそれだけ競合も多く、単に住めるだけの物件では転居されるリスクを常に抱えます。入居者に選ばれ続ける賃貸物件にするために、押さえておくべき不動産会社の選び方を解説します。

一般的な不動産会社の役割は賃貸管理

一般的な不動産会社は、賃貸物件の所有者から依頼を受け入居者を募集します。さらに入居者対応を主とする入居者管理と、建物の維持管理も行っています。これらの賃貸管理はオーナー自身でも行えますが、時間や手間が非常にかかるため不動産会社に手数料を払い任せる方が多くなっています。

主な賃貸管理の業務には以下のようなものがあります。

対象 業務内容
入居者管理 賃貸契約や各種手続き
入退去の立ち会い
家賃集金や督促
契約更新手続き
クレーム対応
火災保険の処理
空室時の入居者募集
建物管理 建物管理 日常的な清掃や修理
退去後の部屋のチェック
原状回復の手配
定期的な点検と修繕
リフォームやリノベーション

こうした業務は物件の収益をしっかり確保し、余計な損失を出さないために大切な業務です。不動産会社を選ぶときはこのような基本業務を確実に行ってくれるか十分に確かめ、信頼できる相手に任せることが大切です。

立地の良さだけでは入居者に選ばれない

賃貸の不動産投資で安定した収益を上げるには、都心で駅に近いといった立地の良いワンルームマンションを選ぶべきという意見が主流です。需要が落ちにくく、高い家賃を維持し続ける 都心の現状を見れば確かに堅実な選択と言えます。

しかし立地が優れていても、物件自体に魅力がなければ「継続して」入居者に住んでもらうことは難しいでしょう。例えば近くにある同じような築年数、間取りの物件が家賃を下げたとき、入居者が「この部屋に住んでいたい」と思わなければ引っ越されてしまうかもしれません。

立地の良い物件なら入居者はそう簡単に出ていかないだろう、と安心していては家賃収入が安定しません。そこでぜひ注目をしたいのが不動産会社の投資物件への取り組み方です。

これからの不動産会社はビジネスパートナーであるべき

賃貸物件を持つことはオーナーにとって大切なビジネスです。しかし不動産会社の中には、委託された管理業務をこなし空室になれば募集費用を受け取って情報サイトに物件を掲載するだけ、というところもあります。こうした取り組み方では、不動産会社に期待以上の協力を求めるのは難しいでしょう。

一方で入居者に選ばれる物件になるよう、さまざまな対策を打ち積極的にオーナーのビジネスを支援している不動産会社もあります。

特に初心者は経験や知識が十分でなく、また本業を持つ人は賃貸運営に多くの時間を割くことが難しい場合も多いでしょう。そのため入居者に選ばれる物件にする取り組みに、積極的な不動産会社をパートナーに選ぶことが投資成功への近道です。

住みたい物件にする不動産会社の取り組み

では具体的に、どのような取り組みをしている不動産会社を選べば良いのでしょうか?ここでは特に参考にしたい事例を紹介します。

新しい生活を提供している

入居者が理想とする生活や、これまで体験したことがない新しい生活を提供できる物件なら「ぜひ住んでみたい」と選ばれる物件になります。そのためには単に古い部屋をきれいにするリフォームより、物件に新たな価値を加えるリノベーションを行っている不動産会社がおすすめです。

例えばデザイン性の高い内装にしたり、使ってみたいと憧れるようなキッチンに入れ替えたりした物件なら、入居者の新生活への期待が大きくふくらみます。特に自宅で過ごす時間が増えた現在では、単に寝起きするだけでなくどれだけ自宅で楽しく過ごせるかも重視されます。

安心や品質を感じられる

建物に安心や品質を感じてもらい、入居者に長く住みたいと思われる物件にする対策もあります。例えばリノベーション工事の際に、床や壁をはがし通常は見えない給排水管などの点検を行う不動産会社もあります。そこで劣化や損傷が見つかれば、修理や交換をする「フルリノベーション」を行います。

こうした物件は、見えない部分のトラブルを未然に防いでいると入居者に安心してもらえます。さらに物件を購入するオーナーにとっても、所有した後に突然修繕費がかかるような事態を防ぐメリットになります。

また床や建具などの内装に高品質な材料を使い、耐久性や質感に優れた「ロングライフリノベーション」をする不動産会社もあります。他とはひと味違う物件として入居者に愛着を感じてもらえれば、他に目移りせず長く住んでもらえることになるはずです。

自社サイトでの魅力的な物件紹介

もし空室になったとき、不動産会社が入居者募集のためどのように物件情報を発信しているかはとても大切です。いくら付加価値の高い物件でも、部屋を探している人にその魅力が十分に伝わらなければ選んでもらえないからです。

情報発信には、雑誌やポータルサイトに物件情報を掲載する方法がありますが、現在は自社サイトに写真を載せて入居者を募集する不動産会社も増えています。ところが同じようにリノベーション物件を扱うサイトでも、会社によって物件紹介の仕方に違いがあります。

空室で何もない内観写真を並べているだけのところもあれば、その部屋に住むとどんな生活が実現できるか想像しやすいように、人物や家具などを入れた写真を紹介しているサイトもあります。中にはリノベーション工事の様子を掲載し、住む人に安心してもらう工夫をしている不動産会社もあります。

情報の伝え方によって、部屋を探している人が物件に持つ印象が良くも悪くもなります。賃貸物件の購入を検討する際は、不動産会社がどのように情報を発信しているか借りる人の気持ちになって確かめてみましょう。

物件がブランド化している不動産会社もある

付加価値の高い物件を提供し続ける不動産会社の中には、ブランド化しファンが生まれているところもあります。扱う物件はそれぞれ魅力的なうえにバリエーションが豊富で、細かく分かれたたくさんの人たちの好みをフォローしています。

物件を紹介するサイトには都会的なタイプから和モダン、エキゾチックまで多くのライフスタイルに合わせたデザインが並び、見ているだけでも楽しくなります。自分らしく過ごせる生活がしたい、他の人とは少し違った部屋に住みたい、と考える入居希望者が自然と集まることがわかります。

人気のある物件は入居待ちが出るほどで、こうした物件を所有できれば空室のリスクはかなり低いと考えられます。不動産会社を選ぶときは、実際にどれくらい入居者に選ばれているかも考えると投資リスクを避けやすくなるでしょう。

積極的に物件やオーナーをケアする不動産会社を選ぼう

不動産投資では、不動産会社の物件への関わり方次第で成果が変わる可能性があります。新しい生活を提供できる魅力的なリノベーションを行い、見えない部分まで安心できる工事をする不動産会社の物件なら、きっと多くの人に選ばれるはずです。

また物件を購入した後も、ビジネスパートナーとして所有物件の運営をサポートしてくれる不動産会社もあります。不動産投資は立地の良い物件を選んで購入すれば終わりではありません。安定して家賃収入を得るには定期的に収支を確認し、退去がわかれば素早く新たな入居者を募る必要があります。

不動産投資での大きな損失を防ぐには、物件やオーナーのケアを幅広く丁寧に行ってくれる不動産会社を選ぶことが重要なポイントになると言えそうです。

キーワード: 不動産投資(管理)
あわせて読みたいおすすめコラム
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは