不動産投資

不動産投資はAIによってここまで便利になっている

あらゆる分野に人工知能(AI)が進出しています。不動産投資の世界も例外ではありません。AIのおかげで今まで一部の人たちしか得られなかった情報や投資手法を、知りたい人が入手できるようになってきたのです。今回は最新のAIサービスを紹介します。

不動産投資はAIによってここまで便利になっている

AIはビッグデータを利用した情報提供が得意

不動産業界では長年にわたる不動産取引により、重要な不動産情報が業界内に蓄積され、営業パーソンには経験と蓄積された経験に基づく“勘”がノウハウとして受け継がれています。しかしITの発展によりその膨大な不動産取引の情報が整理され、インターネットを通じて多くの人がアクセスできるようになってきました。AIの登場はこの状況をさらに加速させています。

AIの活用により膨大な情報を短時間で収集・解析し、さらに傾向と予測を導き出すことができるようになったのです。情報蓄積とデータ解析は、常に継続・更新されAIの学習機能も加わることで未来予測は毎日精度が増していきます。これまで不動産のプロが「勘」と「経験」で行っていたことがより客観的なデータに基づいてAIが行うことで簡単に入手できるような時代になりつつあるというわけです。

■人口動態の可視化と立地の判定

不動産投資にとって重要なのは収益物件の立地です。立地の良さは、「賃貸需要が旺盛」「そのエリアは将来にわたって人口が減らないであろう」という強みにつながります。AIが最適な立地を提案してくれるなら、物件選びは楽になってくるといえるでしょう。

ある不動産投資会社が運営しているサービスでは、AIを使用して投資家が気になるエリアについて過去の人口動態から現在の賃貸需要や将来の人口を予測し、地図上で可視化することができます。このサービスでは、そのエリアの商業活動から住みやすさや人気の度合いを判定したり、賃貸物件数と競合物件数をデータ化したりしてAIを活用しているのです。

価格査定

立地の次に重要なのは価格査定です。不動産投資で成功するには、長期的かつ安定的に家賃を得ていくことに加えて出口戦略も大切になります。つまり「運用してきた物件が、最終的にいくらで売れるか」が非常に重要です。

不動産の価格査定にはさまざまな手法があります。多くの不動産会社が採用しているのは、近隣や条件の似ている地域の取引での成約価格から推定する「取引事例比較法」です。

不動産会社の営業パーソンは物件の評価をさまざまな角度で採点し、計算式に当てはめて手作業で価格を算出します。一方のAIは、営業パーソンの手作業とは比較にならない量の取引事例のビッグデータを使って物件を査定し価格を算出。これにより価格が適正であるかどうかの精度は高くなり、売買する人にとって納得感の強い価格査定が実現するようになってきています。

上述したようなサービスを提供するサイトは「AI 価格査定」などのキーワードで検索すればインターネットで見つけられるでしょう。現在は検索範囲を首都圏や東京23区に限定しているものもあります。マンション名、駅名、地名などの数項目を入力するだけでビッグデータを利用した価格査定を見ることが可能です。

AIはビッグデータを利用した情報提供が得意

将来の収支シミュレーション

不動産投資にとって空室や賃料の下落は大きなリスクとなります。そのようなリスク対策としてしっかりとシミュレーションを行っておくことが重要になってきますが、そういった場面でもAIが活用されています。

例えばさまざまなリスクを加味して将来にわたる収支のシミュレーションしてくれるサービスを提供する会社や、不動産投資に強い銀行の中には、賃料や空室率予測に基づき最長50年のキャッシュフローを試算するサービスを提供しているところもあります。

これから不動産投資を始めようとする人にとって、こうしたサービスは心理的なハードルを下げる助けになるでしょう。ただし投資は自己責任です。「AIの指摘通りに選択したのに物件の賃貸経営がうまくいかなかった」と嘆いても AIは責任を取ってくれません。

AIの予測を投資に生かすには、しっかりとした不動産投資に関する基礎知識を持つことが必要です。また、信頼のおける不動産会社をパートナーとして味方につけることは言うまでもありません。AIはあくまでも参考にして「最終的な判断は自分が下す」というスタンスは身につけておいたほうがよいといえそうです。

キーワード: 不動産投資
あわせて読みたいおすすめコラム
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは