不動産投資

コインランドリー投資はローリスク・ローリターン

不動産投資の新たなスタイルとして、コインランドリービジネスが注目されています。最大の特徴はローリスク・ローリターン。コインランドリービジネスは何故気軽に始められて、ローリスク・ローリターンなのでしょうか。今回はコインランドリービジネスについて考えます。

設備の耐久性が優れている

コインランドリーで使用する業務用洗濯機や乾燥機は、減価償却資産として、法定耐用年数が10年前後と言われています。

業務用は大量の洗濯物を入れて高速で回したり、熱風を起こしたりするため、非常に丈夫につくられており、アンカーボルトでコンクリート床にがっしりと固定され、動かすこともないので、かなりの耐久性があります。メンテナンスサービスも充実しているため、適切にメンテナンスを行えば10年以上は使えるようです。

業務用洗濯機や乾燥機のみならず、コインランドリーの店舗は、住居用のマンションやアパートと異なり、経年劣化のリスクが少なく、店舗のクリーニングやリフォーム費用が発生することも、あまりありません。

ちなみに水洗機(業務用洗濯機)は150万円前後から、購入できるようです。ある程度の数をそろえ、両替機や柔軟剤の販売機なども設置するならば、機械代として1,000万円程度は必要になるでしょう。消費者は基本的に、新しいもの、デザイン性に優れているものを好む傾向にあります。初期投資はあまりケチらず、他者と差別化する意味でも、最新のものを選んでおきましょう。

内装工事や電気工事、不動産費用なども含めると、初期投資額は2,000万円程度とみておくといいでしょう。ただし、いったん購入してしまえば長期にわたり稼いでくれる、これがコインランドリービジネスの特徴です。

粗利は7割、キャッシュフローは360万円

設備の減価償却とテナント料を除けば、毎月の経費は水道光熱費と洗剤代程度です。平均的な売上は約80万円、粗利は売上の7~8割と言われています。

コインランドリービジネスは、まだまだ大きな伸びしろがある成長産業です。周辺地域へのポスティングなど広告や客付けで工夫をすれば、固定客も確保できるでしょう。アイデア次第で売上は伸ばせるのです。

将来もなくならない商売

さまざまなビジネスの中でも、日常生活と密着した商品を提供するサービスは「手堅い」といわれます。まさにコインランドリービジネスは生活に密着したものであり、共働き世帯や単身世帯の家事負担を大いに軽減するものです。

今後、家庭用洗濯機の技術は向上していくでしょう。しかし、家庭用が業務用に性能面で追いつくことは、難しいかもしれません。布団のダニやハウスダストなどに気を遣う世帯は、業務用洗濯機が利用できるコインランドリーを使い続けるはずです。

また、雨が降れば洗濯物が外に干せません。地球温暖化による天候不順、異常降雨なども、考えようによっては、コインランドリービジネスに追い風と言えそうです。

コインランドリービジネスはローリスク・ローリターン型の投資です。「一獲千金」を狙う人にとっては、あまりにも地味で興味が持てないかもしれません。しかし、長期安定収入を重視する人にとっては手間もかからず、不況にも強い特長を持つコインランドリービジネスは、副業として最適かもしれません。興味が湧いた方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 不動産投資の記事一覧
関連記事
REISM Basic Seminar (無料)

長期安定資産をいかにして手に入れるのか? 基本的なことからREISMのリノベーション投資まで、初心者の方にも安心して参加できる不動産投資セミナーです。

リズムが提案する『働きながら永く持つ。時間を味方につける不動産投資術』を公開。このセミナーでは、良質な中古不動産を見極める「マーケティング分析」や入居希望者の行列ができる「リノベーションブランド”REISM(リズム)”」など、ここでしか聞けないリズム独自の成功ノウハウを分かりやすくお届けします。長期的に安定した資産形成を行うための正しい投資手法をお伝えします。

セミナー詳細はこちら
REISMの資産形成とは