COLUMN

不動産投資コラム

1口1万円からできる小口不動産投資の魅力

20世紀の日本社会において、真剣に資産運用に関心を示す人は、ごく限られた一部の富裕層たちだけだったのではないでしょうか。バブル崩壊前までは、金融機関の金利も高く、現在のように年金に対する不安もなかったので、老後生活への心配から積極的に投資を行う必要がありませんでした。ごく普通に働いていれば、毎年、賃金ベースが上がり、少しずつ生活が豊かになるのを、誰もが実感できた時代だったのです。

しかし、バブル崩壊後の長期にわたった経済不況の影響で、私たちの心理は大きく変化しました。多くの人たちが、将来に対する不安から、資産運用への関心を高めています。今回は、急速に注目を集めている1口1万円という、誰にでもできそうな小口不動産投資の魅力について解説します。

不動産投資のメリットとデメリット

そもそも「不動産投資とはどういうものなのか」について今一度考えてみましょう。投資というと、一般的には、株式などの金融商品への投資をイメージされる方が多いかもしれません。株式投資の場合、値上がりした株式を売却して得る売却益(キャピタルゲイン)や、配当として得る収入(インカムゲイン)を期待して投資をします。

実は不動産投資もこの点は同じです。値上がりした不動産を売却することで獲得するキャピタルゲイン、家賃収入のインカムゲインを期待して、アパート、マンション、一戸建てオフィスビル、駐車場などを購入します。不動産投資と他の金融商品の大きな違いは2つです。1つ目は「購入する不動産を担保にして、金融機関からローンが組める点」です。

ローンは家賃収入など不動産で得られるインカムゲインから返を済します。もし、本人の社会的な信用が高ければ、借入可能金額も増えるので本人が保有している財産規模を大きく上回る投資が検討できるでしょう。2つ目は「自分が経営に参加できるという点」です。株式投資の場合、投資家が投資先の経営に口を挟めることはまれですが、現物不動産への投資の場合、投資家本人がオーナーとして、すべての経営判断を自分が下すことになります。

経営者として「購入金額の大きさ」「金融機関から借りるローンの大きさ」「物件管理や入居者募集などのマーケティング」など、行うことが多くなりがちです。そのため、初心者にとって不動産投資はハードルが高いものになってしまいます。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら

簡単に始められるJ-REITやクラウドファンディング

投資の初心者にとって現物投資ではハードルが高くなりがちなのが不動産です。しかし、1口1万円から投資ができるとして、注目を集めている小口不動産投資というものがあります。代表的な存在が「REIT」と「不動産クラウドファンディング」です。REITは不動産投資信託の略称になります。不動産投資は多額の資金が必要になりがちです。

しかし、REITは資金をできるだけ多くの投資家から集めることで、1人あたりの負担を小さくすること実現しています。集められた資金は、居住用マンションや商業施設、オフィスビルなど、複数の大規模な不動産へ投資するのが一般的です。

そうして、投資した複数の不動産から得られる売却益や賃貸収入を、投資家に分配します。日本で運用されているREITは、頭にJAPANの「J」をつけて「J-REIT」と呼ばれており、1口10万円前後から投資が可能です。一方、クラウドファンディングは、近年急速に成長してきた仕組みで、インターネットを通じて、特定のプロジェクトや目的のために不特定多数の個人や法人などから資金を調達します。

調達の仕組みは「収益を配当する条件で出資をしてもらう」「単純に貸してもらう」「純粋に寄付してもらう」「商品の提供を引き換えにお金を出してもらう」などさまざまです。最近は、クラウドファンディングの仕組みが、不動産投資にも応用されるようになってきました。出資分に応じて不動産から得られる収益を分配するものや、単純に不動産投資を行う人にお金を貸して利息を獲得するものがあります。

不動産投資ながら、小口で手軽に行えるのが特徴ですが、投資である以上、当然リスクが伴います。しかし、銀行の定期預金に預けていても、利息が年利1%にも満たない低金利時代では、小口不動産投資のほうが、はるかに高い運用成績を上げる可能性を秘めているのです。ただし、投資家全員が「不動産投資を行うべきかどうか」はそれぞれのリスクの取り方によって異なります。現物での不動産投資となれば、それなりに多額の資金が必要となり、さまざまなリスクも伴うでしょう。

しかし、運用している資産のポートフォリオを考えたとき、性質の異なる資産を複数で保有することは、リスク分散の点で非常に効果的です。1口1万円という小口からスタートできる不動産投資は、ハードルも非常に低く、他の金融商品への投資と並行して取り組むのであれば検討する価値は十分あります。不動産投資の初心者は、不動産投資の経験を積むという観点からも、小口不動産投資から投資をはじめてはいかがでしょうか。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら