REISM[リズム]

Now Loading...
 
COLUMN

不動産投資コラム

マンション投資を始めるのに適した時期はいつ?

「思い立ったが吉日」とは言いますが、マンションほどの大きな買い物は、慎重にならざるを得ません。ところで、マンションを購入するにあたり適した時期はあるのでしょうか。

今回は中古マンションに焦点をあてて、購入する時期について考えてみます。

異動・入社・入学の季節に合わせて売買は増える

マンションを手放そうとする季節要因は何かと考えた時、最初に思いつくのは転勤ではないでしょうか。実際、中古マンションは転勤の多い2〜3月頃が一番動くと言われています。それ以外に、子どもの入学や卒業、就職などにあわせて住んでいるマンションを売り、新しい家に住み替えるというケースもあるのではないでしょうか。

また、不動産会社が3月決算であることが多いということも関係しているかもしれません。ちなみにこの時期は、新築マンションも多く売買されるタイミングでもあります。

次いで9月から11月の秋頃にも、不動産の売買が活発になると言われています。秋は、半期の異動時期でもありますし、新年を新居で迎えたいという人が、年内に売却しようとするためといった理由があるのではないでしょうか。

売りに出される物件が増える時期は、物件の選択肢が広がるということです。自分の条件にあう物件の選択肢が増えると考えると、市場が活発な時期に探すのは効果的かもしれません。ただし、同じ時期に購入したい人も増えるので、需給バランスが他の時期と大きく変わることはなく、価格面での違いも大きくないようです。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら

そのほかの季節要因は?

それ以外では、年末年始や梅雨時、真夏の暑い時期は、取引が比較的少なくなる傾向にあります。やはり暑い時期などは、内見などで外へ出る気が起きにくいという心理的な要因が関係しているようです。また、ケースとしては多くないものの、年末年始や、お盆に実家に帰省して、家族で売却について相談し、その後、売りに出すということもあるようです。

現在はマンションの売り出し情報の多くが、インターネットで閲覧できます。基本的には、購入に有利な時期、不利な時期といった季節要因はなく、むしろ、景気変動や金利動向、あるいは消費税・相続税など税制面での大きな変更がある時期のほうが、マンション市場に大きな影響を与えるといえます。

退去後リノベーションするマンションの場合は?

入居者の退去後にリノベーションを施して販売される中古マンションの場合は、賃貸市場の動向も関係します。ワンルームなど単身者向けの物件などは、学校の卒業、社会人の異動・転勤後にリノベーションを行うので、やや遅れて市場に出てくることになります。

前途のような要因から、購入に適した時期を見定めるためには、市場動向や、景気・金利などの外部要因が重要です。さらに、購入する本人の資産状況やライフスタイルなど、個人的な要因も考慮する必要があります。

購入に充てられる資金が十分にあるか、勤めている会社の業績は順調かといった要素のほうが、むしろ「買い時」を考える上では大事なポイントになるのではないでしょうか。購入する際には、時期だけでなく、上述したようなさまざまな条件も合わせて判断すると、自分にとって最も良いタイミングが見つかるのではないでしょうか。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら