会社員の“収入の限界”を超えて資産を増やせるという魅力

今回コメントして頂いたお客様
ふたば様
ふたば様 (30代男性)
居住地:東京都中央区
所有物件数:2戸
不動産運用開始:6年前

入社3年目で感じた「収入の限界」から、不動産投資へ

資産形成を考え始めたきっかけは、入社3年目にして自身の勤め先での収入の限界が見えてしまったためです。もともと不動産に興味があったこともあり、好きなことで資産を増やすことができる不動産投資に目を付けました。どのタイミングで増やしていけばいいかなどの疑問や不安を払拭するため、リズムのセミナーに参加しました。講師の方の説得力とリノベーション戦略に感銘を受け、個別相談で話も聞いてみたところ、その担当者がとても感じが良く、リズムの不動産投資に益々惹かれていきました。

金銭的にも精神的にも負担の少ないのが、リズムの魅力

リズムの中古区分マンション投資を選んだのは、初期費用が少なかったためです。また、心配していた確定申告等の相談にも親身に乗ってくれたことも、リズムで物件購入をして良かった点の一つです。運用を始めて間も無くして、貯蓄額が増え、次の投資に回せる資金が増えてきたことに充実感を覚え、もっと資産を増やしたいと感じるようになりました。

会社への信頼が、モチベーションUPにも繋がっています

リズムは、身内や友人にも、自信を持って「リズムは信用できるよ」と紹介できるくらい、安心と信頼を感じる会社です。もし他の会社で1戸目を購入していたら、2戸目を購入することも無かったと思います。運用を開始して6年目ですが、これからもっと所有戸数を増やして、資産を増やしていきたいと考えています。

事例紹介一覧へ