デメリットも説明する「公平さと真面目さ」に惹かれました

今回コメントして頂いたお客様

ニックネーム:ひなはあと様 (40代男性)
居住地:神奈川県横浜市
所有物件数:6戸
不動産運用開始:1年半

Q.資産形成を意識し始めたのは、いつ頃・どんな時ですか。

私は、学生時代から株式投資に興味を持ち、既に色々始めていました。
社会人になって、家族が出来てから時間的余裕が無くなり、不動産運用へのシフトを考えるようになりました。というのも、一度決めてしまえばほぼ手間が掛からないのと、あらかじめ収支を概算できる安心感もあったからです。

Q.リズムに来る前に、どんなことに困っていましたか。

融資をしていただける金融機関が見つからなかったことです。リズムの担当者の方は親身になって色々話を聞いてくれて、私が良い形で運用を始められるように寄り添ってくださいました。

Q.たくさんの会社がある中、リズムを選んでくれたのは何故ですか。

担当者の真面目さがすごく伝わってきたからです。そして、不動産運用のデメリットについてもきちんと回答してくれるところが、他社さんではあまりなかったことでした。また、出口をイメージしやすい物件のラインナップも決め手になりました。

Q.不動産運用を始めてみて、どんな変化がありましたか。

それまで取り組みの中心としていた株式投資と比較し、圧倒的に時間的および精神的な余裕が出来ました。収支をあらかじめ概算できる安心感もやはり大きいです。普段のお金の使い方には大きな変化はありませんが、「日常生活で浪費するくらいなら、返済に充てるもしくは新規購入を検討したい」という意識が芽生えました。

Q.身内や友人の方にも、リズムを「勧めたい」と思いますか。

勧めたいと思っています。他にもいくつかの不動産業者さんから、お声掛けをいただいていましたが、リズムさんが一番、説明の公平さと担当者の熱意および真面目さを感じたからです。運用する上で、すごく大事なことですよね。リズムさんと出会っていなかったら、不動産運用への第一歩が踏み出せていなくて、未だに株式をメインとした資産運用をしていたかもしれません。オーナー懇親会も定期的に開催されていて、話を聞いてみたい方に声掛けもしてくれたりもするので、購入してからも安心してお付き合いできるのも良かった点の一つです。

事例紹介一覧へ