空室リスク | REISM[リズム]の不動産投資

REISMの特長|空室リスクを回避する、累計 1 万人の入居待ち行列を生む差別化戦略

成功に導くリノベーション投資とは?

空室リスクの少ない安定した不動産運用を行うには、長期的に入居者から選ばれ続けることが重要です。REISMでは、リノベーションによるマーケティング戦略により、業界最高レベルの入居率だけでなく家賃収入を安定させる高い稼働率を実現。家賃下落や空室への不安なく、安心してご所有いただける仕組みを築いています。

「住みたい」ニーズを育てる、34のシリーズ展開

REISMのリノベーションは、 世界各国のライフスタイルをモチーフに全34シリーズを展開 。 入居者の個性や気分に合う多彩な部屋を用意し、支持を受けています。

feature01

長期的な利用を前提とした「クラシック・レトロ」なデザイン

一般的な賃貸マンション

素材感

無・安価

基本的に 3~4 年で内装変更をする短期回転が前提。 安価な素材を利用し経年により劣化し、チープな印象。

REISMの物件

素材感

本物・良質

本物の天然素材を活かした設計。 超長期的な定番といえるデザインに仕上げ、 短期回転だけでなく長期にわたり良質な内装を実現。

だから、新しさを売りにしない長期にわたり人気の物件が可能に !

行列が行列を呼ぶウェイティング機能

REISMの全ブランドの部屋が掲載された公式サイトでは、入居中の方の退去が決まったらお知らせするウェイティング機能を設置。累計の入居待ち人数は1万人を超えました。人気の部屋には50人以上の登録があり、空室をつくらない好サイクルを生み出しています。

ウェイティング登録者の累計推移 → 高パフォーマンスな運用が実証されています。

安定収入を実現する、ファンを育てるための仕組み

REISMの高稼働率97%の秘密は「入居者へ育て上げる仕組み」です。ターゲットを絞り、REISMのファンを育成することで「REISMに住みたい!」という欲求を生み出します。古くなっても価値を維持できるので、経年により家賃を下げざるを得ないケースも多い「一般的な賃貸物件」と異なり、築古でもしっかりと「稼ぐ」ことが可能です。

ウェイティング登録者の累計推移

中古だからこそ住宅診断を徹底。

REISMのリノベーションは、室内をスケルトン状態にしてから内装工事を実施。スケルトン状態でのインスペクション (住宅診断) で、劣化状況や欠陥の有無を診断・対策し、将来のトラブルを防止。表面的でなく質の高い物件のご提供につながっています。

時代に耐えうるデザインでトータルリターンを高める

+

時代に耐えうるデザインでトータルリターンを高める

↓ 長きにわたり資産価値を保つロングライフリノベーションを実現 !