REISM[リズム]

Now Loading...
 
AREA REPORT

REISMエリア分析レポート | オシャレと住みやすさが同居する街『学芸大学』

東京23区内目黒区にある「学芸大学」は、小金井市に移転した学芸大学が駅名の由来で、今は付属高校のみが最寄駅として現存しています。 駅を中心として東西に大きな商店街が広がり、駅の高架下にも「学芸市場」と称された商店など、その数は600軒を超えるほど。生活に必要なモノは駅周辺で全て揃えることができる上、このエリアならではの人気グルメやショップもメディアで数多く紹介され、さらには目黒通りのインテリアショップやオシャレなカフェも点在しているので、都心はもちろん地方からも人が集まってくる注目の街です。 商店街の路地入ると一転、閑静な住宅街が広がり、集合住宅から一軒家まで生活スタイルは様々ですが落ち着いた印象で、住みやすい街として評価されていることが伺えます。 近年では、昔から続く街並みを残しながらリノベーションにより新しくショップとして生まれ変わり、ますます発展を遂げていることから、これからも住み移る人も多く、住みたい街として支持されていくことでしょう。
>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら