REISM[リズム]

Now Loading...
 
COLUMN

不動産投資コラム

あなたはあてはまる?お金が貯まる人の習慣とは

「お金が貯まったら不動産投資を始めよう」と思っている人がいるかもしれません。ところが、気づくとお金を使ってしまい、思うように貯まらない……。今回はそんな人に向けて、お金が貯まる人に共通する習慣を紹介します。

投資を始めるにはある程度の貯金が必要

金融機関がフルローンを組んでくれるのであれば、マンション購入のための頭金は必要ないかもしれません。しかし、金融機関の審査は想像以上に厳しいですし、後々の返済計画を考えると、ある程度の頭金は入れておきたいものです。

そう考えると、やはり初期費用分ぐらいのお金は用意しておくべきでしょう。そのためにも、目標金額を設定し、お金が貯まる人の習慣を実践して、不動産投資のスタートラインにつけることを目指してみてはいかがでしょうか。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら

お金が貯まる人の習慣や方法とは

● 財布が整理されている
財布にレシートが何枚も入っていたり、お札の種類がバラバラに入っていたりしませんでしょうか。お金が貯まる人は、財布に入っているお金を把握し、家計簿をつけているので、レシートを財布の中にため込みません。もし自分の財布が整理されていないのならば、無駄なものを取り除いて、お札の種類や向きを揃えることからはじめてみましょう。

● 規則正しい生活を送る
お金が貯まる人は、早寝早起きだったり、決まった生活リズムを保っていたりすることが多いです。そのため、大きな出費が生じるようなことはなく、仮にそういうことがあったとしても、そうしたできごとをコントロール下に置いて対処します。生活が不規則になりがちな人は、テレビなどを見て夜更かしするのはやめて、生活リズムにメリハリを付けましょう。

● 健康に気を配る
ジョギングや筋トレなどで適度に体を動かしたり、規則的で栄養バランスの取れた食生活を心がけたり、お金が貯まる人の多くが、健康管理に気を使っています。病気になって通院したり入院したりすると医療費がかかりますし、その金額も少なくありません。健康的な生活を送っているからこそ、仕事に集中できますし、お金も貯まるのです。

● 新しいモノに飛びつかない
お金が貯まる人は、決してケチなのではありません。無駄なものに出費をせずに、必要なものにだけお金をかけるという特徴があります。言い換えると、自分に「必要なもの」が分かっているということです。物欲が全くないという人はあまりいないと思いますが、新しいモノが好きで発売されるとつい買ってしまうというような人は、自分のとって本当に必要かどうかを考えてみるようにしてください。

● 人とのつながりを大切にする
仕事とは、人と人とのつながりから生まれことが少なくありません。義理を大切にする人や、良好な関係を築くことに配慮できるような人には、自然と仕事が集まり収入も増えてお金が貯まるケースが多いようです。

無理にゴマをすったり、機嫌を取ったりする必要はありませんが、何かにつけて、周りから気にかけてもらえるような存在になれると、きっと将来、あなたにリターンをもたらすでしょう。

自分の成長に投資する

お金が貯まる人は、消費と投資を区別していて、自分の成長につながることへの投資を惜しみません。特に若い頃の自己投資は、キャリアを積み重ねた後の収入に大きな影響をもたらします。

お金が貯まる人たちは、損得勘定からこうしたことを習慣にしているわけではありません。日々、このような生活を送ってきた結果、お金が貯まったのです。いずれもやって損をするようなものではありません。もし、一つでも共感できるものがあったならば、自分の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

>> 満足度97%!【無料】リノベーション・不動産投資セミナーの予約はこちら