REISM[リズム]

Now Loading...
 
REISM BOOKS

REISMの本



都心部の中古ワンルームを狙え!
「リノベーション」式 不動産投資の超バイブル

これからの主流となる不動産投資。それがリノベーションによって魅力を高めた中古マンションです。
REISM(株)不動産アナリスト 巻口成憲 著 本体 1,575円(税込)四六版2014年1月29日プレジデント社から発売。全国書店、Amazonで購入いただけます。
おかげさまで第1位!
多くのお客さまにご好評いただいております。
  • Amazon
    投資・金融・会社経営・不動産投資ランキング 
    1
  • 丸善 日本橋店
    ビジネス部門 
    1
  • 三省堂 神保町本店
    ビジネス部門 
    1
  • 文教堂 浜松町店
    ビジネス部門 
    1
  • 紀伊國屋 渋谷店
    社会部門 
    1
成功するリノベーション不動産投資のノウハウをすべて公開!

数ある賃貸不動産の中で、競争を勝ち抜いていける不動産でなくては不動産投資で成功することはできません。もはや立地だけの物件選定では足りません。立地が良く投資効率がよい中古不動産を、さらにリノベーションによって「選ばれる物件」に変えること必要です。

世に多くリノベーション会社が存在していますが、実はリノベーションによって成果をあげている会社、物件はほとんどありません。良いリノベーション物件をつくることができるということと、リノベーション物件で良い不動産経営を実践するということには、大きな違いがあります。

投資においてはリノベーションを超えた、全く違う発想が必要になるのです。本書では、市場分析、節税対策、顧客満足を追求するリノベーションのあり方を含め、これまでの不動産業界にはなかった不動産マーケティング手法も紹介しながら、資産形成を成功に導くための方法を詳しく列挙しています。

【第1章】知らなきゃ損する不動産投資の真実
【第2章】「不動産投資」絶対成功の法則
【第3章】リノベーション投資入門講座
【第4章】不動産マーケティング大活用
【第5章】まとめ
【第6章】不動産投資実践的Q&A

著者からのメッセージ

不動産市場が活況期にさしかかっています。金融市場に投入されていた資金が不動産市場へ流入して世界的な活況を呈していることに加え、日本ではアベノミクスによる株高、景気浮揚と、2020年の東京オリンピックへ向けての特需もあり、不動産への期待が高まっています。しかし不動産であれば儲けられるという時期は長くは続きません。みなが注目するこうした時代だからこそ、しっかりとした物件選び、会社選びによって、長期的に安定する不動産経営を考えることが重要です。

不動産投資業界において、誰しもがわかっていながらまったく重視してこなかったこと。それは「不動産投資のお客様は入居者である」という事実です。不動産を選んで、そこに住んでくれる人がいるからこそ、不動産投資は安定収益を生む資産となるのです。今までは投資家の経済効率だけを優先していた結果、入居者が置き去りにされていたのが不動産投資業界でした。しかしこれからは入居者に満足度の高い住環境を提供することで、投資家に長期間の安定した賃料収入を確保する時代です。これからの時代は「入居者が主役となれる不動産」が勝ち残っていくことができる不動産なのです。